レクリエーション介護士2級とは

レクリエーション介護士2級は、自分の趣味・特技を活かしながら、アイデアや着眼点によって、「高齢者に喜ばれるレクリエーション」を学べる資格です。レクリエーション介護士が増えることで、介護現場に笑顔が広がっていきます。

レクリエーション介護士2級で身につく3つの能力

1. 高齢者とのコミュニケーション力

介護の基本的な知識をはじめ、高齢期のこころと身体の変化・問題や、高齢者とのコミュニケーションをとる際のポイント、知っておかないといけないルールなど、高齢者と接する上での基本的知識をバランスよく学べます。

介護・福祉施設でレクリエーションを担当する方、ご家族や身内の方の介護をされている方なども資格取得されています。

2. 趣味・特技を活かして、高齢者の喜ぶレクが作れる力

高齢者に継続して楽しんでもらえるレクリエーションを行うには、どのようなことが必要か?という視点から、企画・計画を学びます。
個別・集団・カルチャー・イベントなど様々なレクリエーションの種類を理解し、展開していける応用力を身につけます。

3. 自分のアイデアを企画書にして、レクリエーションが実行できる力

自分が考えたアイデアをカタチ(企画書)にして、目的とコンセプトを明確にする力に加え、レクリエーションを実行できる力も身につきます。
企画書は、レクリエーション介護士としてボランティア活動を行う際のツールとして使えたり、施設内で上司にプレゼンをする時などにも役立ちます。

​取得方法

一般社団法人 日本アクティブコミュニティ協会認定機関での講座受講が必要です。受講方法には、通学と通信があります。

​シャイニングハート柴田智恵子は日本アクティブコミュニティ協会認定講師です。

シャイニングハートで2級の資格を取得する